辛い症状が続く更年期障害は治療と対策で緩和できる

レディーとメンズ

「女性のがん」と言えば

悩んでいる女性

若くてもリスクがあります

日本人の死因の上位を占めるがんですが、色々なものがありますよね。女性の方だと、最も気になるのがやはり「乳がん」ではないでしょうか。乳がんは40代以上の方に患者が多いと言われていますが、もちろん20代や30代でもリスクはあります。とくに未婚の方や出産経験がない方、初産の年齢が遅い方、家族に乳がんと診断された方がいる場合は、乳がんのリスクも高くなりますので定期的に乳がん検診を受ける必要があります。乳がん検診は、自治体によっては年齢により無料で受けられるところも多いようです。初期だと自覚症状もほとんどないので、できれば毎年検診を受けるのが理想です。早めに見つけた方が進行度が低いので治療の選択肢も広がります。

定期的に検診を

乳がん検診といえば、有名なのはマンモグラフィーと、超音波検査ですよね。多くの健診ではマンモグラフィーが取りいれられています。マンモグラフィーは、まだ初期のがんの石灰化や腫瘍を発見することができ、検査自体も20分程度で終わります。乳房を機械で挟んで検査するので痛みがあるという方もいますが、それも個人差があるようです。超音波検査は、マンモグラフィーの痛みが苦手な方や、妊娠中で放射線が不安な方にオススメです。いずれにしても、乳がん検診は初期のうちに乳がんを発見する大切な検診ですから、毎年自分の誕生日に受けるなど、時期を決めて定期的に受けるようにしましょう。心配な方は、マンモグラフィーと超音波、どちらもしてもらうとより安心です。

Copyright© 2017 辛い症状が続く更年期障害は治療と対策で緩和できる All Rights Reserved.