辛い症状が続く更年期障害は治療と対策で緩和できる

レディーとメンズ

最先端の医療技術です

ナース

がん治療の最先端治療として注目されているのがサイバーナイフといわれるものです。サイバーナイフは、精度が高く緻密な放射線治療が可能となる治療法です。当初、対象となる箇所は頭部のがんでした。しかしながら現在は進歩して肺や肝臓といった箇所治療が可能になっています。サイバーナイフとは精度の高いロボットアームの先に直線加速器を搭載し、X線でモニターを行いがんの箇所を特定し放射線を照射するといった装置です。最新の設備では、呼吸追尾機能と言うのもあり、呼吸によってがんの位置を確認できるようになり、肺がんや肝臓がんなど呼吸で動くがんへの治療も出来ます。確実にがん細胞のみに照射できますので体への負担も少なく効果的な治療が見込めます。

サイバーナイフの一番のメリットとしては、工業用ロボットでコンピュータ制御したものを利用していると言う点です。サイバーナイフは、非常に正確で緻密な照射が出来ると言う点と照射中のズレやわずかな動きもコンピュータが検知してくれて対応が可能です。また治療中の患者さんの痛みも軽減されていると言う点も大きなメリットといえます。麻酔をかけたり頭部を固定したりという従来の手法が必要ないため、一回の治療で大量に照射する事も可能ですし、複数回に分ける事も出来ます。麻酔をかける必要がないということは、痛みの心配が少ないと言う事ですし、入院の必要もなく、通院でも治療が可能です。患者さんの体調や病状に応じて気軽に対応できる事も大きなメリットといえます。医療費も心配かもしれませんが保険適用となります。

Copyright© 2017 辛い症状が続く更年期障害は治療と対策で緩和できる All Rights Reserved.